化粧水でニキビが悪化する!?思春期と大人ニキビで原因が違う!

ニキビケア

あなたのニキビは化粧水で悪化しているかも……。

 

こんにちわ。文香です。

ニキビケアの1つに「化粧水」がありますが、成分や使い方を間違うとニキビが悪化する恐れがあります。

この記事では化粧水でニキビが悪化する原因を見ていきます。

対策に関しては、思春期ニキビと大人ニキビで別々に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【一般的】化粧水でニキビが悪化する原因とは?

化粧水でニキビが悪化する理由は以下3つ。

  1. 刺激成分
  2. 化粧水を塗る時の摩擦
  3. 肌に合っていない化粧水の使用

 

それでは1つずつ見ていきますね。

肌を刺激する成分が悪化させる。

化粧水にはたくさんの成分が配合されていますよね。

その中で注意したいのが以下の成分です。

  • 殺菌剤
  • 防腐剤
  • アルコール
  • 香料・着色料など

 

ニキビ化粧水にはアクネ菌を殺菌する成分が配合されたものがあります。

一見、良いことのように思えますが人によってはニキビが悪化する原因になります。

 

その他、防腐剤やアルコール・香料なども肌を刺激する成分です。

通常の肌なら問題ないですが、ニキビがある肌はバリア機能が低下している可能性があるため、ちょっとした刺激がニキビ悪化へとつながります( ;∀;)

 

化粧水でニキビや肌が悪化した場合はすぐに使うのをやめましょう◎

 

化粧水を塗る時に肌へ摩擦が生じる。

化粧水を手のひらに出して、顔に伸ばすように塗っていませんか?

実はこの行為が肌へ刺激になっているんです(゚Д゚;)

もちろんコットンでも肌の上を滑らすように塗るのはNG。

手よりもコットンの方が摩擦・刺激が強いです。

 

化粧水を塗る場合には、手でもコットンでも、優しくポンポンと肌にあてる感じにしましょう。

肌に合ってない化粧水の使用はNG。

ここが1番難しい点ではあります。

アルコールや殺菌剤・防腐剤など添加物が肌に合わないと肌荒れの原因になり、ニキビが治るどころか悪化してしまいます( ;∀;)

 

中でも気を付けたいのはオイル(油)の存在。

思春期はもちろん、オイリー肌な大人は、化粧水で肌に油分をプラスすることが逆効果になる可能性があります。

油分が多いと毛穴がつまりニキビができやすいからです。

 

もし今使ってる化粧水で悪化しているなら、オイルフリー化粧水を試してみましょう。

 

【思春期ニキビ】化粧水で悪化する原因とは?

<思春期ニキビの原因>
過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、アクネ菌が増殖することで炎症してニキビができる。

読んで字のごとく、思春期は脂が多いことでニキビが出来ているんです。

それなのに油が入った化粧水を塗るという行為は、皮脂が多いところに、さらに油を足すという暴挙ww

 

あなたが「油の入った化粧水」を塗ると、アクネ菌は大喜びです!笑。

そのため、思春期ニキビではオイルフリーの化粧水がおすすめ。

 

思春期は洗顔と的確なアプローチを。

そもそも肌が汚れていることでニキビができるわけではありません。

そのため洗顔は1日に2回までにします。

洗い過ぎは肌のバリア機能を低下させ、ニキビ肌を悪化させる恐れがあるからです。

 

そして、大切なのは的確なアプローチ。

  1. 余分な脂を吸収
  2. アクネ菌の殺菌
  3. 抗炎症成分で赤みを抑える

選ぶ際にはオイルフリー&皮脂の分泌を抑える成分が入った化粧水がベストです。

ニキビに効くオイルフリー化粧水おすすめ10選!
こんにちわ。文香です。 ニキビケアに効く化粧水はたくさんありますが、今回は「オイルフリーの化粧水」だけをまとめて紹介します。 参考になるのは以下の人です。 思春期ニキビを改善したい ...

 

大人ニキビが化粧水で悪化する原因とは?

化粧水で大人ニキビが悪化する原因は「殺菌成分」と「ピーリング成分

 

「サリチル酸」などの殺菌成分が配合された化粧水は、アクネ菌の増殖を抑える効果があるため即効性を重視して使う人も多いです。

しかし、殺菌成分は肌への刺激が強い(゚Д゚;)

今ある大人ニキビを治すよりも、肌への刺激で次のニキビができる方が勝るんです。

そのため、化粧水で悪化するという状況に陥ります・・・。

 

ピーリング成分も同じです。

毛穴のつまりを除去してニキビを改善させるという考えですが、肌への刺激も強いので、バリア機能が低下している肌ではニキビが繰り返しできる原因に(´-ω-`)

 

肌環境を整える化粧水を選ぶ。

大人ニキビは原因が複雑かつ多様性があるため、自分で原因を特定するのはほぼ無理です。

  • ストレス
  • 便秘
  • 偏った食生活
  • 肌に合ってない化粧品
  • etc・・・・。

 

しかし、根本的な原因は「肌環境」にあります。

ニキビの原因であるアクネ菌は常駐菌と言って、みんなの顔・肌にいます。なのに、なぜ大人ニキビができる人とできない人がいるんでしょうか?

 

本来、肌環境が正常ならアクネ菌が増殖しないのでニキビはできません。

しかし、肌環境が悪化している人はバリア機能が低下しているため、ちょっとしたことでニキビができやすい状態になっています。

そのため、肌環境を整えてくれる化粧水を選ぶことが重要です。

 

最近は有効成分を配合した薬用化粧水がドラッグストアでも売っています。

良かったら参考にしてください。

市販の大人ニキビ化粧水10選!ドラッグストア、薬局、デパコスまとめ。
市販されてる大人ニキビの化粧水は? 大人ニキビの化粧水をドラッグストア・薬局で買いたい。 こんにちわ。文香です。 大人ニキビは繰り返しやすいので、日々のケアがとっても大切ですね。 ...

まとめ

ニキビケアの化粧水は自分の肌に合っていないものを使うと悪化します。

思春期ニキビはオイルフリー。

大人ニキビはできるだけ無添加処方の化粧水を。

あとは実際に使ってみて、ニキビが改善されないとか肌が悪化してるようなら、使用を注意するか違う化粧水へ変更することをおすすめします。

コメント